読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢で高く翔んだ

Since when would it also be run down so much?-Cynthia

ORASシーズン16使用構築 ライボマンダ2軸サイクル 【最終レート2013】

 初めましての方は初めまして。ハンドタオルと申します。今回初めての構築記事ということで、文章ガバガバになるかもしれませんがその辺は大目に見ていただけると幸いです。

 個人的にライボルトというポケモンに(ビジュアル的な)好感を持っていたので、今シーズンはライボランドで潜っていました。以下が並びです。
f:id:nemo00960807:20160719215754j:plain

【個体解説】
f:id:nemo00960807:20161018115443g:plainライボルト@メガ石

特性;静電気→威嚇

性格;臆病

※メガ進化後
実数値;145-xx-100-187(252)-101(4)-205(252)
(B30のめざ氷個体)

技構成
ボルトチェンジ
・10万ボルト
・オーバーヒート
・めざめるパワー氷

f:id:nemo00960807:20160719220125g:plain

 今回の構築の軸。ライボマンダ2軸と冒頭タイトルでは垂らしているがマンダが完全に見せポケなので実質1軸。2番目に好きなポケモン
 最初はCを削ってHBに回した威嚇込みA182ガブの地震耐え調整の個体を使っていたが、対メガゲンガーや(ステロを突き刺した)対ガモス、対ボルトロス、その他サイクルを回す上で深刻な火力不足に陥った為CSに振り切り、余りをDL対策のDに振った。CSに振り切ることでHSメガゲンガーを10万ボルトで確2、ステロで半分削ったH4振りガモスを84.4%の1発、オバヒでメガクチートを確1、スカーフじゃないガブを半減ステロ1回程度でほぼ縛れる、後出しのASマンムーをオバヒ+↓2オバヒで落とせる等、様々な恩恵があり、あくまでもこの並びにおいてのライボルトはCS極振り以外あり得ないと感じた。またボルトロス対面でめざ氷→10万を打つことで穏やか個体以外はオボンを発動させず落とすことが40%程度の確率で可能という副産物もあり、たまにめざ氷のタイミングでガブが出てきて吹き飛ぶなんてことも。ただ、今シーズンは穏やかベースの毒ボルトが非常に多く、厨パに組み込まれている毒くさいボルトにはダメージ量重視の10万ボルトから入ることも多かった。
 また、素ライボ時の特性は静電気一択だと個人的には考えている。ライボはポリ2やサナを後出しされることが非常に多く、その際にボルチェンをカットされるか否かはかなり重要だと考えているからである。
 守る持ちナットレイ対面でオバヒ見せたあと交代読みでボルチェンしたら居座られてステロ撒かれてサイクル負けしたトラウマがあるのでナットレイを見たら相手の裏がなんであろうと焼きにいく。

85/105 選出率(この6体の並びにおいて)81%


f:id:nemo00960807:20161018115505g:plain霊獣ランドロス@ゴツゴツメット

特性;威嚇

性格;腕白

実数値;191(220)-170(36)-154(236)-×-101(4)-113(12)
(H29の妥協個体)

技構成
地震
・岩石封じ
・蜻蛉返り
ステルスロック

f:id:nemo00960807:20160719222947g:plain

 ライボと相性抜群のゴツメ枠。ガルーラ対策というよりかはガブリアス対策という方が適切か。今シーズンは冷凍ビームガルーラがとてつもなく多く何度も葬られた為、選出段階でカバが重いと判断したパーティのガルーラにはボルチェンでコイツに繋がず後述のマリルリをぶん投げていた。(沼)
 Sは1↓102族抜き。
 またパーティ全体として数値が足らず、悠長にステロを撒いているとそれが原因で崩壊するので蜻蛉を泣く泣く選択することが多かった。ステロを撒きたいパーティほど崩しの要素が高いのは非常に悩ましいところ。

 87/105 選出率83%


f:id:nemo00960807:20161018115514g:plainマリルリ@突撃チョッキ

特性;力持ち

性格;意地っ張り

実数値;201(204)-112(252)-101(4)-×-102(12)-75(36)

技構成
・滝登り
・じゃれつく
アクアジェット
・叩き落とす

f:id:nemo00960807:20160719223931g:plain

 個人的に1番好きなポケモンであり、所持しているポケモンの中で唯一国際孵化をした幸せの黄色いマリルリinフレンドボール。
 役割としてはここまでで重いガモス、バシャ(めざ氷奴)、マンムーサザンドララティオス。またどちらのリザでも滝登りが安定するのが大きい。
 最初は特に何も考えずHAぶっぱ余りDで使っていたが、ライボランド選出時にこちらのランドと相手のマリルリが対面した際にポンポコされると速いマリルリだとゲームエンドとなるのでSを1↓最速マリルリ抜きにまで回しランドを岩石封じで切ってでも裏のコイツでマリを止められるようにした。この程度まで振ればSを少し振ったカバも抜くことが出来るのも大きい。
 また相手のガルガブ@1等に受けがランドだけだと役割集中で簡単に崩されてしまうので逆鱗の一貫を切ることも重要な役割。先述したように冷凍ビームガルーラを読んで投げる駒でもある。ほぼ凍らなかったので流石は色理想個体。

 39/105 選出率37%


f:id:nemo00960807:20161018120408g:plainクレッフィ@たべのこし

特性;悪戯心

性格;穏やか

実数値;163(244)-xx-111-xx-152(252)-97(12)

技構成
・威張る
・身代り
・イカサマ
・毒々

f:id:nemo00960807:20160719225258g:plain

 ここまででフェアリーハイボ勢がとんでもなく重かったので鋼枠が必要だと悩んでおり、ガルドやドラン、ナットレイを使っていたが役割破壊技に弱く後出ししたところで狩られることが多かったがとあるライボランドマリルリというここまでの自分の並びと同じ並びを使っているブログを発見。参考にさせて頂いたら見事フィット。サナやニンフィアといったハイボ勢に受け出し、毒や威張ると合わせて削って行く動きが打ち逃げのライボルトと相性抜群だった。またギルガルドに滅法強く、弱点保険を発動させずに倒せるのはこのパーティにとって非常に大きかった。為す術がなくなったら威張るの勝ち筋が作れる点も強力だった。ただ数的不利をとるとクレッフィは簡単にTODされてしまうので、そういったTODされない立ち回りをするのも重要なポイントであると扱っていて感じた。逆にオニゴーリ入りにはコイツを出し数的有利を取ったら積極的にTODをしていった。
 ゲッコウガに後出しが(比較的)安定するのも素晴らしいところ。また対天候パやトリルパ等で身代りを絡めることでターン消費を出来るのも大変素晴らしかった。
 身代りと毒でポリ2やクレセといった数値の高い受けを倒せるのも大きかった。クレセにピョンピョンさせたら役割終了。Hが161じゃないのは特殊に受け出した時、1の位がズレた際に身代りを押せる回数が増える確率を少しでも増やすため。Sはミラー意識。

 52/105 選出率50%


f:id:nemo00960807:20161018120449g:plainサザンドラ@ラムの実

特性;浮遊

性格;控えめ

実数値;167-xx-100-194(252)-101(4)-150(252)

技構成
・悪の波動
・大地の力
・挑発
・流星群

f:id:nemo00960807:20160719230854g:plain

 補完であり地雷枠。クレセドランを1匹で見れるポケモンであり、カバ等の催眠耐性もある。主な役割対象はクレセドランの並び、サンダー、ロトム系統。
 こいつを入れる前は悪波,けたぐり,ゴミ箱,結びの両刀珠ゲッコウガだったがそもそもゲッコウガというポケモンがサイクルに向いておらず、コンセプトからずれて何がしたいのかわからなかったので解雇。今回補完メガ枠でマンダを採用しているのでこいつでなくゲッコウガだった時、ロトム系統がとんでもなく重かったのが主な採用理由。こいつを入れることでゲンガーの被選出率が激減。また相手も拘っている前提の立ち回りをしてくることが多く、クチートヒトムのようなサイクルを1匹で崩せる点も評価が出来る。ただ選出の際の扱いが若干難しく、戦犯になるかヒーローになるかのどちらかだった。
 使っていておもしろいポケモンだった。悪波に後出しされてダメージ量的にスカーフだと思いこまれて居座るドランに大地を打ち込む瞬間は至高。

 40/105 選出率38%


f:id:nemo00960807:20161018120415g:plainボーマンダ@メガ石

特性;威嚇→スカイスキン

性格;うっかりや

※メガ進化後
実数値;171(4)-167(12)-151(4)-187(236)-99-172(252)

技構成
・捨て身タックル
地震
・大文字
・流星群

f:id:nemo00960807:20160719232259g:plain

 2枚目のメガ枠であり見せポケの両刀マンダ。最大の仕事はボルトロスを呼んでライボルトに役割遂行させやすくすること。
 ライボランドやその取り巻きではどうしてもナットドランのタイプ受け高耐久の並びが崩せなかったので採用。ついでに辛かったメガフシギバナへの回答である。ただし今シーズンはドランの減少やフシギバナを見ないこともあり、ほとんど出さなかった。
 出すパーティはよほどライボが刺さっていなくこいつが程ほどに刺さっているときか、受けループ(勝率20%弱程度)、ナットレイ&ヒードランの並びが存在するパーティ、フシギバナ入り、モロバレル入り。一応ロトムを捨て身+流星群で落とせるがそれを成し遂げたのはほんの数えるほどくらい。一応クレッフィとの相性補完は素晴らしいが、耐久を下げてメガチ両刀にしているためサイクルに向かず、そこの補完はあってないようなものである。
 受けループは基本的に勝てないが、相手がエアームドでこいつを見ようとしてくる&ラッキーがいない場合は勝てる。つまり選出が下手な受けルーパーには勝てるが、上手い受けルーパーにはほぼ勝てない。まあワンチャンはある。

 12/105 選出率11%


【辛いポケモン
・カゴorいびきニンフィア
カゴなら鍵で素眠りにもっていけば比較的裏で処理できるが、瞑想眠るいびきニンフィアはこのパーティでは対面マリルリ以外無理。軽く捻り潰される。

・ヤチェガブ
スカーフじゃないことが確定した時点でライボでガブは処理しに行くので相当厳しい。ヤチェランドも同様。立ち回りに余裕があれば警戒したいところだがランドが消耗品なので相手の裏も考えるとライボで処理したい場面が多い。

・めざ氷バシャーモ
マリルリ以外で見ることが出来ない。

・ビームガルーラ
ボルチェンのダメージ量の若干の違いと減るスピードの早さ、カバが重いか、そして溢れ出る殺気の4つのポイントで見分けましょう。数をこなせばかなりの確率で当たります。(たぶん)

ウルガモス
めざ氷持ちだと相当厳しい。特に今期多く、ガルクレセガモスの並びは相当キツい。ガルクレセガモスの取り巻きにライボが必要とされ、ガルーラにランドが必要、そしてラス1にクレセを倒せるサザンor鍵を選出しなければいけないケースが多く、パーティ相性的に厳しいというか無理。ステロぶっ刺してライボの10万で高乱数だが相手の破壊力故に悠長なステロ撒きを許してくれないケースが多い。
たまにアッキ鬼火ガモスとかいう怪物が存在するがそいつはマリルリでも見ることが出来ず一方的に完封される。

マンムー
マリルリ以外すべてのポケモンが不利対面を取る為、ほぼ出てくる。後出しならライボのオバヒ×2で焼いたりもするがチョッキの場合はそれも許されない。ライボ→ランド→マリルリの三点交換も多用し釣りまくらないとかなりキツい。必然的にマンダ軸はライボがいながら相当キツい。

ジュカイン
地震持ち両刀だと鍵の後出しも利かない。あのライボルトが上を取られ、マリルリは高乱数でチョッキを貫かれる。強すぎる。

ジャローダ
メガライボルトを序盤にメガ進化させておかないと手がつけられなくなる。ルカリオにも同じことが言える。

カバルドン
鍵で見ることが出来ない物理受けなのでかなりキツイ。ライボのめざ氷+オバヒで一応飛ばせる。

チルタリス
特殊ならマリルリ、物理ならランドで見れるが選出段階でどちらかわからないのでかなりキツイ。どちらか決めて対戦に臨んだ方がいい。

・カバが入っているパーティのオニゴーリ
ボルトガルーラゲンガーといったライボランドが刺さっているトップメタが補完で入っているのでライボランドはほぼ確定クラスだがオニゴーリに薄いため鍵を連れていきたい。だけど鍵を連れていくとカバが重すぎる。カバを無視する選出もしばしば。

【基本選出】
・対厨パ
ライボランドマリルリ
スイクンは出てこないケースが多く、また出てくるスイクンはほとんどがカゴである(ミラーコート持ちではないという意味)のでいける。毒ボルトが多く鍵はガルドやクレセ等の役割がいないと出せない。
バシャ入り厨パは襷特殊奴が多くランドロスが致命傷を負ってしまう為マリルリが必須。大体ボルトがいるのでマンダは当然ベンチから応援。
ちなみに対厨パ勝率は70%を越えていると思う。(代表的厨パのガルガブゲンボルトスイクンバシャの6体への勝率は72%)

・対ポリクチ
ライボランドサザンorクレッフィ
大体勝てる。

・対ギルガルド入り厨パ
ライボランドクレッフィ
バシャがいなければこの選出で案外何とかなる。鍵はクッション。

・対受けル
マンダサザンマリルリ
ラッキーこなければ勝てます。ラッキーきてもサザンが上手くハマればたまに勝てます。基本勝てません。


f:id:nemo00960807:20160720002645p:plain

【感想】
今シーズンはビーム持ちガルーラやウルガモス、毒ボルトといった辛いポケモンが流行っていてライボランド使いとしては非常にしんどいシーズンでしたがなんとか目標の2000は達成することが出来ました。来期は2100目指したいと思います。ここまで読んでくださってありがとうございました。